無題ドキュメント

事業所一覧

EVOブログ

EVOブログ

貴金属:NY金は小反発!NY白金は3営業日ぶりに反発!S&P、南アの政治不透明で改革停滞なら一層の格下げも!!

2017/04/21(金) 10:00

◆campaign_EVOブログ_small.png

NY金

一目均衡表

↓チャートをクリックすると拡大致します↓

 NYgold_2017.04.21.jpg

※上記チャートはNY金(期近)の日足に一目均衡表を重ね、移動平均線(200日)、MACD、RSI(9日)を付けたもの

ボリンジャーバンド

↓チャートをクリックすると拡大致します↓

 BBNYgold_2017.04.21.jpg

※上記チャートはNY金(期近)の日足にボリンジャーバンド(19日)、移動平均線(50日、100日)、MACD、DMIを付けたもの

 にほんブログ村 先物取引ブログへ   

<ファンダメンタルズ>

・トムソン・ロイターGFMS発表 「GOLD SURVEY 2017」

・トムソン・ロイターGFMS発表 「GOLD SURVEY 2016:Q4 REVIEW & OUTLOOK」

WGC発表 「Gold Demand Trends」

・NY金 月別の騰落率 → こちら

・NY金は、ドル安・ユーロ高が進行し、相対的にドル建て金に割安感が生じたことから、買い拾われた様だ。

ただ、23日に仏大統領選第1回投票が控える中、中道派のマクロン候補がリードしていると報じられたことに加え、ムニューシン米財務長官が夏前までに米議会が債務上限を引き上げるとの見通しを示したことを受けて投資家の「リスクオフ」の動きが一服。そのため、欧米株が全面高となる中、「安全資産」として買われてきた金を手放す動きも出た様で、上値は限定的。

世界最大の金ETFであるSPDRゴールド・シェアの金保有残高は前営業日比6.51トン減少。

edg_02.jpg

<テクニカル>

RSI(9日):65.56%→65.82%

NY金(中心限月)は前営業比0.4ドル高の1,283.8ドルで終了となり小反発。一目均衡表の転換線がサポート・ラインとして意識される中、安値は1278.0ドルに留まり、先日の安値1275.4ドルを維持したため、買い拾われた様だ。

ただ、17日に1297.4ドルまで買い進められたものの、その後も1300ドル台には届かずに高値警戒感が強まる中、上値の重い展開が続いている。

EVOマーケット情報

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

NY白金

一目均衡表

↓チャートをクリックすると拡大致します↓

        NYsiro_2017.04.21.jpg

 ※上記チャートはNY白金(期近)の日足に一目均衡表を重ね、移動平均線(200日)、MACD、RSI(9日)を付けたもの

ボリンジャーバンド

↓チャートをクリックすると拡大致します↓ 

 BBNYsiro_2017.04.21.jpg

※上記チャートはNY白金(期近)の日足にボリンジャーバンド(19日)、移動平均線(50日、100日)、MACD、DMIを付けたもの

edp400x64.jpg

・トムソン・ロイターGFMS発表 「PLATINUM Survey 2016」

・JM(ジョンソン・マッセイ)社の需給レポートこちら

・WPICの需給レポートはこちら

・NY白金 月別の騰落率はこちら

・中国の白金・パラジウム輸入量はこちら

RSI(9日):51.49%→57.63

NY白金(中心限月)は前営業日比10.9ドル高の981.2ドルで終了となり3営業日ぶりに反発。100日平均線や一目均衡表の転換線でサポートされる中、安値は967.9ドルに留まり、前日の安値966.3ドルを維持したことから、買い拾われた様だ。

そのため、50日平均線や雲を上抜いて983.7ドルまで買い進められる場面も見られただけに、目先は2月27日を起点としたダウン・トレンドを上抜くことが出来るか注目される。

米格付け大手のS&Pグローバル・レーティングは、南アフリカの信用格付けについて、前財務相更迭などによる政治の先行き不透明感で経済成長のための改革が停滞するようなら、一層の格下げもあり得るとの見方を示した。

NYパラジウム(中心限月)は前営業日比27.30ドル高の802.90ドルで終了となり続伸。終値ベースでは4月11日以来の800ドル台回復となった。

(企画部:O.K.)

 にほんブログ村 先物取引ブログへ  

デポジット・シリーズ 地金買取 スマートCX EVOブログ

【EVOLUTION FINANCIAL GROUPについて】

2002年 マイケル・ラーチによって創業された、東京、香港、ロンドン、ロサンゼルスなど世界7カ国で約20社の企業群を有するグローバルグループであり、全体企業価値は500億円を突破しております。

EVOマーケット情報


本ブログ内の記載内容は情報提供のみを目的として作成したものであり、断定的な投資判断の提供や投資の勧誘を行うものではありま せん。本情報の利用に際しましては、お客さまご自身の判断と責任でなされますようお願い申し上げます。また本情報は信頼できると思われる各種情報にもとづ き作成していますが、当社はその正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。本情報の記載内容は作成時点のものであり、今後予告なく変更さ れることがあります。本情報の無断転載等は固く禁じます。