無題ドキュメント

事業所一覧

EVOブログ

EVOブログ

米「恐怖指数」が急上昇 昨年の大統領選以来の高さ

2017/08/12(土) 13:31

VIX指数

↓チャートをクリックすると拡大致します↓

 Vix2017.08.10.jpg

注:筆者作成

8月10日の米株式市場で投資家心理を測る目安である変動性指数(VIX、通称・恐怖指数)が前日比4.93ポイント(44.4%)高い16.04を付けた。米大統領選の投開票日だった2016年11月8日以来ほぼ9カ月ぶりの高さ。北朝鮮情勢が緊迫し、投資家心理が急速に悪化した。

北朝鮮は10日に米グアムに向けて弾道ミサイルを発射する計画を発表した。一方、米トランプ大統領は同国への警告を繰り返し、事態が沈静化する兆しが見られなかった。株式などリスク資産を手放す動きが広がり、10日のダウ工業株30種平均は前日比で200ドル強下げた。

VIXは多くの機関投資家が運用の参考とする米S&P500種株価指数のオプション価格から算出する。「恐怖指数」とも呼ばれ、20を上回ると投資家の不安心理が高まった状態とされる。

ダウ平均など米主要株価指数は年初から上昇基調が続き、投資家心理は強気に傾いていた。VIXは7月下旬には一時8.84と過去最低まで下落。北朝鮮問題が深刻化する前は10前後で低位で推移していた。

(企画部:O.K.)

 にほんブログ村 先物取引ブログへ  

デポジット・シリーズ 地金買取 スマートCX EVOブログ

【EVOLUTION FINANCIAL GROUPについて】

2002年 マイケル・ラーチによって創業された、東京、香港、ロンドン、ロサンゼルスなど世界7カ国で約20社の企業群を有するグローバルグループであり、全体企業価値は500億円を突破しております。

EVOマーケット情報


本ブログ内の記載内容は情報提供のみを目的として作成したものであり、断定的な投資判断の提供や投資の勧誘を行うものではありま せん。本情報の利用に際しましては、お客さまご自身の判断と責任でなされますようお願い申し上げます。また本情報は信頼できると思われる各種情報にもとづ き作成していますが、当社はその正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。本情報の記載内容は作成時点のものであり、今後予告なく変更さ れることがあります。本情報の無断転載等は固く禁じます。