無題ドキュメント

事業所一覧

EVOブログ

EVOブログ

原油・穀物:NY原油は50日平均線でレジスタンスを受ける中で3営業日続落!

2017/08/31(木) 10:35

◆campaign_EVOブログ_small.png

NY原油

一目均衡表

↓チャートをクリックすると拡大致します↓

 NYwti_2017.08.31.jpg

※上記チャートはNY原油(期近)の日足に一目均衡表を重ね、移動平均線(200日)、MACD、RSI(9日)を付けたもの

ボリンジャーバンド

↓チャートをクリックすると拡大致します↓ 

 BBNYwti_2017.08.31.jpg

※上記チャートはNY原油(期近)の日足にボリンジャーバンド(19日)、移動平均線(50日、100日)、MACD、DMIを付けたもの

edg_02.jpg

<ファンダメンタルズ>

EIA短期レポート

EIA原油・ガス生産性報告

OPECレポート

OPEC年次レポート

IEAレポート

☆IEA世界エネルギー投資に関する報告書

☆中国の原油需給こちら

☆月別の騰落率はこちら

☆EIA米原油在庫はこちら

☆米石油サービス会社ベーカー・ヒューズ公表のリグ数はこちら

NY原油は、ハリケーンから熱帯低気圧に変わった「ハービー」は、テキサス、ルイジアナの州境付近に再上陸。テキサス州南部では洪水被害が広がっており、一部の製油施設が依然稼働を停止しているため、米原油在庫が積み上がるとの見方が強まっているため、軟調な地合いを継続した。

ロイター通信によると、8月29日時点で少なくとも日量440万バレル、米石油精製能力の約24%が停止状態となっている模様。米金融大手ゴールドマン・サックスも、同日時点で約23%が停止状態と試算している。

米エネルギー情報局(EIA)が発表した週報によると、米原油在庫は前週比540万バレル減となり、市場予想(同190万バレル減)を大きく上回る取り崩しとなった。減少は9週連続。

<テクニカル>

RSI(9日):38.33%→35.12%

NY原油(中心限月)は前営業日比0.48ドル安の45.96ドルで終了となり3営業日続落。50日平均線がレジスタンスとして意識される中、45.84ドルまで下げる場面も見られている。一目均衡表の雲を下抜けてきているだけに、もう一段安になる可能性もあるだろうか。ブレント原油(中心限月)は前営業日比1.14ドル安の50.86ドルで終了。

EVOマーケット情報

                       ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

シカゴ穀物の動き

<ファンダメンタルズ>

☆米農務省作付面積・四半期在庫

米農務省需給報告 コーン 大豆

・ウクライナ農業省は、2017-18年度(2017年7月~2018年6月)の同国穀物輸出量が、同日時点で累計580万2000トンになったと発表した。内訳は、小麦284万4000トン、大麦186万4000トン、コーン108万4000トン。

・アルゼンチンの穀物・油実輸出団体は、同国産のバイオディーゼル輸入に対し、米国が関税を課すと仮決定したことについて「需要が減少し、大豆価格に打撃となる」と批判する声明を発表した。CIARAは声明で、米国の措置を「気まぐれで不当」と非難し、課税によりバイオディーゼルの需要が減少すれば「主原料である大豆の価格下落につながる」と懸念を表明。「米国市場の維持や、欧州市場の再開放に向け動いているアルゼンチン政府を支援する」と強調した。

シカゴ・コーン

一目均衡表

↓チャートをクリックすると拡大致します↓

 NYcorn_2017.08.31.jpg

 ※上記チャートはシカゴ・コーン(期近)の日足に一目均衡表を重ね、移動平均線(200日)、MACD、RSI(9日)を付けたもの

ボリンジャーバンド

↓チャートをクリックすると拡大致します↓ 

 BBNYcorn_2017.08.31.jpg

※上記チャートはシカゴ・コーン(期近)の日足にボリンジャーバンド(19日)、移動平均線(50日、100日)、MACD、DMIを付けたもの

☆月別の騰落率はこちら

RSI(9日):20.80→18.49%

・シカゴ・コーン(中心限月)は前営業日比2.25セント安の345.50セントで終了となり4営業日続落。テクニカルな売りに加えて、世界的に潤沢な穀物供給や米国産コーンの豊作観測が強まる中で軟調な地合いを継続。345.00セントまで下げる場面も見られている。

シカゴ大豆

一目均衡表

↓チャートをクリックすると拡大致します↓

 NYdaizu_2017.08.31.jpg

※上記チャートはシカゴ大豆(期近)の日足に一目均衡表を重ね、移動平均線(200日)、MACD、RSI(9日)を付けたもの

ボリンジャーバンド

↓チャートをクリックすると拡大致します↓ 

 BBNYdaizu_2017.08.31.jpg

※上記チャートはシカゴ大豆(期近)の日足にボリンジャーバンド(19日)、移動平均線(50日、100日)、MACD、DMIを付けたもの

☆月別の騰落率はこちら

RSI(9日):39.54%→36.44%

・シカゴ大豆(中心限月)は前営業日比4.00セント安の933.25セントで終了となり4営業日続落。米国で豊作観測が強まる中、戻り売りの動きが継続。933.50セントまで下げる場面も見られている。

なお、米農務省は、民間輸出業者からの報告として米国産大豆が中国向けに2017-18年度渡しで13万1000トン売却されたと発表。

(企画部:O.K.)

 にほんブログ村 先物取引ブログへ   

デポジット・シリーズ 地金買取 スマートCX EVOブログ

【EVOLUTION FINANCIAL GROUPについて】

2002年 マイケル・ラーチによって創業された、東京、香港、ロンドン、ロサンゼルスなど世界7カ国で約20社の企業群を有するグローバルグループであり、全体企業価値は500億円を突破しております。

EVOマーケット情報


本ブログ内の記載内容は情報提供のみを目的として作成したものであり、断定的な投資判断の提供や投資の勧誘を行うものではありま せん。本情報の利用に際しましては、お客さまご自身の判断と責任でなされますようお願い申し上げます。また本情報は信頼できると思われる各種情報にもとづ き作成していますが、当社はその正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。本情報の記載内容は作成時点のものであり、今後予告なく変更さ れることがあります。本情報の無断転載等は固く禁じます。